リビング学習の前に

リビング学習と子供部屋での学習は、何が違うのでしょうか。 勉強は子供のやる気が一番大切ですが、ちょっとしたことでやる気と集中力は簡単に上がったり下がったりします。 周りが工夫してあげることで、子供の学習能力が上がってくれればいいですよね。 それぞれの利点と欠点をまとめました。

環境の学習への影響

インテリア雑誌やテレビなどでよく聞くリビング学習。
ママが家事をしながら子供の宿題を見てあげられる、という事で人気のようです。
リビング学習が良いと言われている理由として、子供が集中できる環境であるという事が挙げられます。
一人での学習より、側に誰かがいたほうが集中できるという事は有名な話です。
勉強は自分一人でするもの、という概念があった頃は、子供の年齢に合わせて部屋を与え、そこで学習するのが普通でした。
ある程度大きくなってからは、一人で集中する環境が必要になりますが、低年齢の子供たちにとっては、なかなか難しいことです。
学習に不慣れな時期は、大人や兄弟の助けがあることで、安心して学習することができます。
そこで、リビングで勉強するという形が出てきます。
一日のうちほとんどはリビングやキッチンにいることが多いママの近くで勉強することは、子供にとって良いことです。
まずは安心できること。
安心することで勉強に集中できますし、関連して学校での出来事や悩みなども口にしやすくなります。
大人にとっても、勉強の進みや、何が苦手なのかといったことを把握でき、フォローすることができます。
リビング学習は、子供たちの勉強を家族がサポートするという事です。
その時間はテレビを見たり、子供が勉強よりも興味を持ちそうなものは極力避け、大人も一緒に勉強するという姿勢が必要です。
元々リビングは学習する為にある部屋ではないので、リビング学習を実現するにはいくつか工夫が必要になります。
それでは、学習スペースをストレスなく確保するには、どうすればいいでしょうか。
また、どんなルールが必要でしょうか。

スペースの確保は?

新築の戸建てでもない限り、学習スペースは後から作ることになります。 どこにどう設置するかは、リビング本来の機能にも影響し、使い勝手も左右します。 また、子供にとっても快適に学習できるような場所にしなければいけません。 両立できる形を見つけましょう。

インテリアを変えない方法

スペースや家具配置の問題で、どうしても専用の場所を設けることができないこともありますね。 ダイニングテーブルを利用して学習スペースにする場合は、気を付けたい点が。 家族にとっての「共有スペース」ですから、準備と片づけのルールはしっかり作って、みんなが円滑に利用できるようにする必要があります。